ブログ

渋谷教育学園渋谷の人気

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(通称:渋渋)は、創立30年に満たないにもかかわらず、徹底したグローバル教育と高い進学実績により、近年急速に人気が高まっている私立共学校です。独自の教育方針と特色ある取り組みが、受験生と保護者から高い支持を集めています。

渋渋の歴史と変遷

渋谷教育学園渋谷中学高等学校は、1924年に中央女学校として創立されました。その後、渋谷高等学校、渋谷女子高等学校と名称を変更し、1996年に中学校を開設して現在の校名となりました。前身の渋谷女子中学校・高等学校での教育実践を基に、姉妹校の渋谷教育学園幕張中学校・高等学校と同じ教育理念のもと、完全中高一貫校として再スタートを切りました。 渋谷の地の利を活かし、「自調自考」の精神に基づく自由な校風で、国際社会で活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

渋渋の教育理念

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)は、東京都渋谷区に位置する完全中高一貫の私立共学校です。1996年に設立され、姉妹校である渋谷教育学園幕張中学校・高等学校と同じ教育理念「自調自考」を掲げています。生徒の自主性を尊重し、国際社会で活躍できる人材の育成を目指しています。渋渋は、国内外の大学進学に強く、特に東大や海外の難関大学への進学実績が高いです。交通の便が良く、渋谷駅から徒歩7分の立地にあり、都会の喧騒から離れた静かな環境で学ぶことができます。

渋渋の進学実績

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)は、国内外の大学進学において高い実績を誇ります。特に、東京大学や海外の難関大学への進学者数が多く、全国トップレベルの進学校として知られています。「2024年度」の実績として、東京大学合格者数43名(文I)、京都大学合格者数6名(総合人間)、一橋大学合格者数8名、東京工業大学合格者数3名、早慶上理合格者数336名(早稲田大学136名、慶應義塾大学102名、上智大学51名)などが挙げられます。渋渋の教育方針「自調自考」に基づき、生徒は自主的に学び、考える力を養うことで、大学入試においても高い成果を上げています。また、帰国生入試でも人気が高く、英語力を活かして国内外の大学進学に強い生徒が多いです。渋渋は、海外大学への進学ガイダンスを提供し、海外生活経験のない生徒でも海外大学に進学できるようなサポート体制を整えています。このような取り組みが、渋渋の進学実績を支えています。

渋渋の学習環境

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)は、学習環境の整備に力を入れており、生徒が自主的に学ぶ姿勢を育むための工夫が随所に見られます。授業は教諭と生徒が共に作り上げるものであり、シラバスを活用して学習の進捗を把握し、学んでいる内容が社会にどう繋がるかを考えながら学習を進めます。また、数学の授業は「数量」と「図形」に分けて基礎から学び、中学の範囲を早期に終了して高校の内容に進むなど、効率的なカリキュラムが組まれています。さらに、帰国生の受け入れにも積極的で、国際的な視点を持つ生徒が多く在籍しており、異文化理解や多様な考え方を学ぶ機会が豊富です。このような環境が、渋渋の高い学習成果を支えています。

渋渋の部活動

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)は、部活動や課外活動が非常に充実しており、生徒たちの多彩な才能を伸ばす環境が整っています。特に、英語ディベート部や模擬国連部は国際的な大会で優れた成績を収めており、英語ディベート部は世界大会で優勝経験があり、模擬国連部は国連事務総長賞を受賞しています。また、渋渋の生徒たちは、学年に応じて第二外国語の授業を受講することができ、国際的な視野を広げる機会が提供されています。帰国子女も多く在籍しており、彼らの英語力を活かした活動が盛んです。学校の設備も充実しており、地上9階、地下1階の高層校舎には2つの体育館があり、バレーやバスケットボールのコートが完備されています。さらに、神奈川県川崎市には専用のクラブハウスがついたグラウンドもあり、スポーツやクラブ活動に励む生徒たちのための施設が整っています。このように、渋渋は学業だけでなく、部活動や課外活動を通じて生徒たちの多様な才能を育む環境を提供しています。

渋渋の年間行事

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)では、生徒主体の学校行事が数多く行われています。4月には入学式や始業式、健康診断、オリエンテーションなどが実施され、新入生を迎える行事が中心となります。10月には高校3年生以外の生徒が参加する校外研修が行われ、学年ごとに様々な体験学習やフィールドワークに取り組みます。11月には中学生を対象とした国語科スピーチ・ディベートコンテストや、全校生徒が参加する音楽祭が開催されます。12月には終業式が行われ、冬休みに入ります。2月26日は創立記念日であり、記念式典や講演会などが開かれます。このように、渋渋の学校行事は生徒の主体性を重視しており、学年や全校で協力しながら企画・運営に携わることで、コミュニケーション能力やリーダーシップを育む機会となっています。学習面だけでなく、行事を通じて得られる経験も、生徒たちの成長に大きく寄与しているのです。

渋渋入試問題の特徴

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の入試問題は、受験生の多様な能力を評価するために工夫されています。特に、4科目(国語、算数、理科、社会)の試験が行われ、各科目で独自の特徴があります。国語の試験では、読解力と表現力が重視されます。長文読解問題が多く出題され、文章の内容を深く理解し、自分の考えを論理的に表現する力が求められます。算数の試験は、基礎的な計算力だけでなく、応用力や論理的思考力を問う問題が多く含まれています。特に、図形問題や文章題が多く出題され、問題解決能力が試されます。理科の試験では、実験や観察に基づく問題が多く出題され、科学的な思考力と知識の応用力が求められます。社会の試験は、地理、歴史、公民の各分野からバランスよく出題され、幅広い知識とともに、時事問題に対する理解力も問われます。また、渋渋の入試問題は、帰国生入試でも人気が高く、英語力を活かした問題が出題されることがあります。帰国生に対しては、英語の試験が行われることがあり、英語での読解力や表現力が評価されます。このように、渋渋の入試問題は、受験生の多様な能力を総合的に評価するために設計されており、学力だけでなく、思考力や表現力も重視されています。

まとめ

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)は、創立から30年未満の新しい学校ながら、独自の教育方針と高い進学実績により、急速に人気を集めています。1924年に中央女学校として創立され、1996年に現在の校名となり、完全中高一貫校として再スタートを切りました。教育理念「自調自考」に基づき、生徒の自主性を尊重し、国際社会で活躍できる人材の育成を目指しています。国内外の大学進学に強く、特に東京大学や海外の難関大学への進学実績が高いです。部活動や課外活動も充実しており、英語ディベート部や模擬国連部が国際的な大会で優れた成績を収めています。学習環境も整備されており、シラバスを活用した効率的なカリキュラムが組まれています。生徒主体の学校行事も多く、コミュニケーション能力やリーダーシップを育む機会が豊富です。渋渋は、学業だけでなく、部活動や行事を通じて生徒たちの多様な才能を育む環境を提供しています。

入試問題の傾向

算数

算数 50分 100点

大問4題で構成されることが多く、特に図形、数の性質、速さ、場合の数の単元に重点を置いて対策を行う必要があります。これらの単元は頻出のため、念入りに対策を行うことが求められます。また、試験は記述式の形式を取っており、式や考え方を書くことが重要です。わからない問題でも部分点を狙うために、必ず考え方を示すようにしましょう。

国語

国語 50分 100点

頻出の構成は大問2題で、出題形式は選択問題、抜き出し、記述式など多岐にわたります。特に特徴的なのは選択問題で、基本的には5つの選択肢が提示されることが多いですが、年度によっては7つの選択肢があったこともあります。文章の意図を正確に汲み取る能力が求められ、これが対策の要となります。文章を読む際には、常に「なぜこの表現が使われているのか」「著者の意図は何か」を考えながら読む訓練を積むことが重要です。

理科

理科 30分 50点

大問2題で構成されることが多く、生命、エネルギー、物質、地球の分野から出題される傾向があります。理科の問題は単純に暗記しているだけでは解けないことが多く、本質的な理解が求められます。過去問を解きながら、どのような出題形式でどのような知識が問われるのかを掴むことが対策に繋がります。

社会

社会 30分 50点

大問4題で構成されることが多く、新聞記事や地図、表などの資料を関連づける問題が多く出題されます。大問一つごとに一つの分野ではなく、総合問題という形で出題されることが頻出です。また、記述問題が多く出題されるため、単語を覚えるだけでなく、その意味までしっかりと理解して覚えておくことが重要です。資料を正確に読み取り、そこから得られる情報を的確に関連づける能力が求められます。

ブログ用ボタンとバナー
こちらおすすめです。無料で体験できます。
↓↓↓

関連記事

  1. 城北中の歴史とこだわり
  2. 浅野中 躍進の秘密
  3. 広尾学園中 人気急上昇の理由
  4. 駒場東邦中の魅力
  5. 灘中学校の特色と実力
  6. 桜蔭中 女子最難関の誇り
  7. 鷗友学園の躍進
  8. 頌栄女子の魅力
PAGE TOP